読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Excès, et Marges.

「余白への書き込み」

kamikaze


フランスで起きた同時多発テロ事件を受け、現地の各メディアはさかんに報道活動を行っているが、フランスでは一昔前から自爆テロ「kamikaze」と表現している。実際、Le mondeのホームページで「kamikaze」と検索すると今回の件に関する記事がいくつか引っかかる。
これに対し、神風特攻隊の関係者が憤りを見せているらしい。すなわち、史実としての神風特攻隊は自爆テロと目的・形態・思想を異にするものであり同一視するのは「侮辱」である、という主張だ。
確かに、神風特攻隊は戦争行為における敵対する武装集団同士の戦闘であるため、無関係の民間人を標的とする今回の自爆テロはもとより、一般的なテロリズムと意味合いが全く異なるため、言葉の誤用という観点からは、彼らの主張は正しいと言える。問題はその誤用が「侮辱」として非難されるかどうかであろう。
ふつごぽんの中の人はこの主張を受けてサボタージュの意味を知る日本人がいるか」と言及している。元来サボタージュsabotage」という名詞はフランスにおいて、怠業を目的として機械を破壊する行為を指した。日本語では「サボる」という動詞と化しており、怠慢から休む行為一般を指すに至っている。昔なら「エスケープ」という言葉が一般的だったのではないだろうか。しかし、もしも神風特攻隊の生き残りの人々の主張が論理的に正しいとすれば、フランスから労働争議に殉じた人々を侮辱しているため、サボるという言葉を用いないでくれ」と言われたら、彼らは従わねばならないだろう。外来語が非常に多い日本語において、類似した例は枚挙にいとまがない。

とはいえ、それはあくまで一方的な禁止の要求である。フランスに留学していた学生からも話を聞いたが、そもそもフランス人は「kamikaze」という言葉が神風特攻隊を意味していることを知らない。それどころかアラブ由来の言葉だと思っている人も多いそうだ。
つまり、「kamikaze」がどのような語源を持つかをフランス人が認識したとき、彼らがその語を使い続けるかどうかを見て、はじめて彼らの価値観を検討できる状態にあるといえるはずだ。例えば、日本人ならホロコーストがヨーロッパでどのような意味を持つか十全に理解している。語感に敏感な人間なら虐殺行為を全てホロコーストとは呼ばないだろう。たとえ日本語でホロコーストが虐殺行為一般を指したとしても、である。ただし、それはあくまで個人の歴史観・言語観の問題である。先のシャルリーエブドの件で露呈したとおり、表現の自由をことさらに強調するフランスであるが、当然「kamikaze」の語源を知っており、この語の使用を避けようと思えば避けることのできるle mondeをはじめとする各メディアも、その主義に阿っているのだろうか。
しかしながら、それすらもかなり個人的な問題であって、内心の自由の観点からみても、フランス人がフランス語でどのような言葉を使おうと、それを他国(の人間)が非難できるわけではない。フランス人が日本で生活しながら「神風特攻隊」と「自爆テロ」を混同しているのなら、それは非難されるべきかもしれないが。
歴史観について言及したが、しかしながらフランス(ヨーロッパ)における歴史教育は、カリキュラムを見る限り「ヨーロッパ史+α」である。一応は先進国である日本の歴史すら、ほぼ全くと言って良いほど彼らは知らないし、多くの民間人が犠牲になったという観点から、どちらかと言えば第一次世界大戦が重大視される向きがあるそうだ。今回の出来事と彼らの歴史認識を直接に結びつけるのは早計かもしれないが、フランスにおける歴史教育がより世界的な視点にたったものであったとしたら、果たして今回のような事態が起こり得たかは分からない。ヨーロッパの歴史教育についてはいずれ現地の教科書を入手して仔細に検証したい。